HOME > ファーマイーズとは?

ファーマイーズとは?

操作不能バルブの修復


操作不能バルブの修復のためにバルブ開放ツール(VRT)を開発しました。このシステムは設備の稼動停止やバルブ分解修理を必要としません。装置をバルブのスピンドルへ取り付けし、装置から伝わる振動が弁内部の固着部へ作用します。

工具はエアーで駆動します。長いウィルキーやハンマーで無理やりに回したり、バーナーで炙るなど火気を使用せずに安全に作業を行うことが出来ます。

※資機材のみの販売は行っておりません。

バルブが固着する原因とは?

  • 流体の残留物がバルブ部品に付着し、蓄積
  • 長期間開閉操作をしていない
  • 限界以上に開けてしまった
  • 雨天や湿度、高温による錆の発生
  • シート面の摩擦による張り付き
  • ステムとグランドパッキンの接触
  •  

適用バルブ

  • ゲート弁
  • グローブ弁
  • バタフライ弁
  • ボール弁
  • スライドバルブ
※スピンドルの突き出しが25mm以上必要です

ファーマイーズ装置の構成

ファーマイーズは本体、ボール弁、レギュレーターで構成されています。これらは全て防振継手で接続されます。

動作には500L/min(0.6MPa)のエアーの安定供給が必要になります。

作業内容

  • ファーマイーズは1工程あたり16サイクル実施します
  • 1サイクルは30分間の補修となります。
  • 1サイクル終了後、バルブの開閉を確認します。
  • バルブが開放されない場合は、1サイクルを繰り返します。
  • 装置は振動タイプにより2種類あり適宜使い分けます。
  • 作業完了後、報告書を提出します。
TOPへ